スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山・5

ツアーとかだと、ご来光を山頂で拝むパターンが多いのだけど
そうなると暗いうちに山小屋を出なくちゃならない。

去年登った友達は夜中の2時に山小屋を出発して
ギリギリ間に合ったらしい。
平日でも山頂間近では渋滞で牛歩状態って話・・・

特に山頂でのご来光には拘ってなくて、別に山小屋の前からでも見られればイイので。って
前もって言ってあった。

寒くて暗い中、山登りなんてしたくないし・・・

R子も同じ意見。

まぁ天候とか体調とか様子を見て、一回2時くらいに起きようと話していたのだが
1時ぐらいに山小屋の人が何やら呼びかけている。
山頂でのご来光を目指す人は、もう起きてください。みたいな。

それを合図に殆んどの人が起きて、仕度をし出した。

まじかよ。早いよ。と思いながら
寝てられる雰囲気でもないし。
てかこんな環境ではやっぱり寝られるはずも無く
何回かウトウトした程度。
R子もまったく寝られなかったらしい。

そんな中、晴雄さんは出発モードだったので
成り行きで出発することになってしまった

高山病も出ていないし・・・

ウダウダ仕度をして、ダウン以外のものを全て着込み
イザ出発



AM 1:50


友達から借りたレインウエアが寸足らずで
パンツの裾が出ちゃってるけど

スカートもチグハグな感じですが
着たまま寝たので、そのままなだけなこと

別に暗い中、人の格好気にしてる人もいないしね。

かなり寒かったと思うけど、何度くらいだったんだろう

キャンプで寒いのは慣れてるせいか
あまり気にならなかった。

またゆっくりなペースで登ります。

人が多いので、ゆっくりにしか歩けないのだけど

シーズン中の吉田口ルートは、別にヘッドライトいらないね。
みーんなが各自のライトで照らしてるので、明るいもん。


AM 2:35



まだ八合目


途中どうしてもチョコレートが食べたくなって板チョコを買ってしまう
甘い系は持ってこなかったのよね

暗いし、霧雨も降って来たので
これ以降、山頂までの写真は無い。

岩場を登りながら黙々と頂上を目指す
ガンガン行きたいタイプ?のR子は人を抜きつつ登っている

抜かすのとか面倒だし。てなタイプのyoyoは
流れに逆らわず登っていた。

いつしかR子の姿は見えなくなっていた。
晴雄さんは、yoyoの後ろを登ってくれている。

今の時期のご来光は4時50分前後。

4時を過ぎた頃からか
空が白み始めて来た。

この牛歩状態の中
ご来光に間に合うのか?

たまに後ろを振り返って空の様子をチェックしながら
黙々と登る。

黙々と登る。

少し先に見えるのが山頂手前の最後の鳥居だよ。と晴雄さんが教えてくれる。
もうちょっとで、頂上だよ。って

おお~
その鳥居が確認出来た時、ちょっとウルっときた。

やっと、ここまで来たか。的な。

頂上まであと少し
頑張れ~


つづきます・・・

★富士登山・4
★富士登山・3
★富士登山・2
★富士登山・1
★登頂報告
★富士登山前日




スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yoyo

  • Author:yoyo
  • ボス♂2002・03・03生まれ
    ティン♀2003・06・22生まれ

    ボストンテリア
    ボス&ティンのドタバタ劇を
    横浜からお送りします♪

    キャンプ日記が
    多いかも(^_^;)
My HP


カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のトラックバック
ボストンテリアリング

[前へ]

[次へ]

[ランダム]

[次の5サイト]

[サイトリスト]

[参加する]

Dog@Room  by じんべ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。