スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山日記 2009年10月29日(木) 山梨 日向山




10月29日の山日記
前回の山から4日後

今回は職場のメンバーと
元上司のKさん(と言ってもyoyoと同い年)が連れて行ってくれると言うので
ヤングチームのMちゃんとAさん女子4人で賑やかに行ってまいりました

集合は勤務先の老人ホームに朝の5時
この時期まだ全然夜ですよ

ザックと大量の?オヤツと2ℓのポットが入ったバックで、よろめきながら自転車を走らせる

車で迎えに来てくれたKさんがyoyoとMちゃんを拾ってくれて
次はAさんを拾い、目指すは山梨の北杜市

女子4人集まると話題も尽きない中
1人静かなAさん
今日が初登山という緊張からなのか

しばらく走ってると、口を開いたAさんから
トイレに行きたい・・・との申し出
お腹が痛かったせいで大人しかったらしい

コンビニで車をとめトイレタイム

しばし待つが・・・
あれ?随分長くない?
心配してKさんが様子を見に行くも本人まだ出られない様子
大丈夫なのか

暗かった空も明け始めてきた

30分ぐらい、こもっていただろうか
やっと出て来たAさん
なんか青ざめてないかい

待ち合わせの時、寒い中立っていて大分冷えてしまい
腹痛を起こしたらしいけど
本人もう大丈夫らしい

ホントか

山に行く前に棄権かと心配していたが、とりあえず再出発

ハプニング発生でちょっと行先不安な感じだけど
明けた空は快晴
これはイイ景色が期待できるわ~とワクワク~

無事に中央道を下り日向山の登山口に
10時頃スタートだったかな?




看板にハイキングコースって書いてあるけど
全然ハイキングって感じじゃないのよね

前回の丹沢は結構人の手が加えられた登山道って感じがしたけど
ココは木の根っこが階段状になっていて
はっきり言って歩きにくい






道は険しいけど
思ったより紅葉が進んでいて
自然の美しさを堪能しながらの山登りは楽しい




そう言えば、こんな天気のイイ登山は初めてだ(笑)
本当はKさんとMちゃんと3人で(自称全員雨女)
上旬に行く予定だったのが雨のため中止
延期になったのが今日。
とびっきりの晴女Aさんのお蔭か、絶好の山日和になったね~
朝のハプニングは、おいといて(笑)




この山は山小屋やトイレはありません
yoyo 茂みでの野ションを初体験?
平日で登山客が少ないから出来るものの、結構スリリング

あっペーパーはちゃんと持ち帰りましたよ

12時前に頂上(三角点は少し手前)に到着
急に景色が開けたかと思ったら
何これ~って感じの絶景が待っていました




うわ~
すごい
スゴイよ~
ホント感動
甲斐駒ケ岳から八ヶ岳までの大パノラマが望めました
頂上の景色がいいと登ってきた甲斐があるってモンです




頂上は雁ヶ原(がんがわら)と言う白い砂地
山なのに砂浜みたい




この絶景を前にランチタイム
同じ様にお弁当を広げている人が沢山いました。
この日は風も穏やかで直射日光によりポカポカで気持ちイイ~
あー幸せ

食べ終わったら崖の端まで散策に行ったり写真を撮ったり
一時間ほど山頂で過ごしたかな
いつまでも こうしていたいけど下山しなければ

上りとは違う錦滝への下山コースへ




雁ヶ原を恐る恐る下って行く
結構急なのよ




雁ヶ原を過ぎると林に入り、急な下りが続く
ロープを使って下りるところも

側の木を頼りに手で支え、体を預けながら下りていく。
結構すごいよね と言いながら
何故か笑ってしまう
ホントにすごいんだもん(笑)

殆んど垂直に見える階段を下りたり
中々起伏にとんでいて、面白い?(笑)

苦労しながら、やっとこさ錦滝に
大きくない滝だけど癒やされる~
絶景の頂上もそうだけど、途中にもこういうプチご褒美があると楽しい




東屋があったので、しばし休憩
日も傾き始め、人の気配も無いのでちょっと淋しい雰囲気。
このコースを登ってきた人もいたけど
この急坂や雁ヶ原を登るのは結構大変そうだ

本日二回目のトイレタイムも済まし
また進むのです
しばらくすると林道になり、駐車スペースまでは
なだらかな道で一安心
林道は楽チンでいいや




この林道で、お猿さんの群れと出会うプチご褒美つき
子猿可愛すぎ

いや~ホントにこの山はイイ山だ~(笑)

15時前に車のところに着き
お疲れお疲れ~

日向山
素敵な山だった~
連れて来てくれたKさんに感謝です
今回デビューだったAさんも山の魅力を充分味わえたようで良かった

またみんなで行こうね~




帰りは温泉へ
レディスデー?だったyoyoは車でお留守番

帰りの高速も渋滞無くスムーズ

夕ご飯に
厚木のセルフ式うどん店で並んでいると
列の後ろに見覚えのあるお顔が
なんとヤナさんご夫婦ではありませんか
ヤナさん=詳しくはコチラを参照してね

すごい偶然にびっくり
数日前に携帯に着信があったりしてたので、なんかご縁を感じたのでした

またまたプチご褒美を実感し(笑)
うどんは美味いし
満足しながら帰路へ♪

レディストークが止まらない車中
助手席で眠りに落ちているAさん^m^
今日は朝から色々あって、初めての登山で疲れたのでしょう(笑)

遠回りをしてまた職場まで送ってくれたKさん
本当にありがとうございましたm(__)m

大好きな みずがき山の近くにまた好きな山が一つ出来ました
いつか みずがき山にも登れる日が来ると良いな

この日から軽く膝痛が復活
やっぱり週2回の登山は私にはハードだったみたい

今回画像は全てMちゃん提供
次はyoyoもカメラ持って行こう


テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

山日記 2009年10月25日 (日) 丹沢 大倉尾根

富士山が初めての登山とは何とも無謀なことだったかもしれないけど
たぶんそんな人は沢山いて
私のように富士山以外の山にも登ってみたくなった人はいるだろう。

山男・晴雄さんに、もうちょっと楽な山でとリクエストして
二回目の登山が実現した。

晴雄さんのホームグラウンド丹沢へ

丹沢と言えばキャンプでよく行く、ウエルキャンプが思いつく
ウエルキャンプのすぐ近くにも登山道入り口があるので
そこから登るのかと思ったけど
ウエルキャンプは西丹沢で今回登るところは表丹沢らしい・・・

色々あるのね

当日は小田急の渋沢駅に8時07分に着く電車に乗り
海老名でR子と車内で落ち合った。

横浜駅7時01分発の相鉄線に乗ったんだけどさぁ

山登りって、やっぱり朝早いのよねぇ(私にしては)

はっきり言って早起きが苦手なyoyo
しかも電車なんて普段から乗らないし
渋沢駅なんて聞いた事無かった・・・

イマイチ、モチベーションが上がらない理由は、どんよりとした天気のせいか
天気予報は雨のち曇で
雨だったら中止じゃないの?って思ってたけど
晴雄さんは荒天以外は決行と言っていた。

富士山の下りで雨は経験したけど
こんな近場の山で、わざわざ雨の中登らなくても・・・
って正直思っていた

電車から見る空は雨は降っていないものの
きっと山からの景色は期待できないんだろうな。って感じだった

R子と喋っていたら、あっという間に渋沢到着。
9月の連休、尾瀬に行く晴雄さんの計画に便乗したR子
友達も一緒に行ったらしいけど
ずっ~と雨だったらしい

単品だと?晴男・晴女の晴雄さん&R子らしいのだが
二人が揃うと雨が降ってくるらしい・・・

渋沢で晴雄さんの車に乗り
大倉バス停付近まで行く
こっから登山道入り口まで歩き
いよいよスタート
9時ぐらいだったかな

10:22



今回も写真は晴雄さんのカメラで撮ったもの
ピンボケばかり

登り始めの頃から霧雨が降っていたので
カメラを出す機会が無かったのだけど
途中、鹿と出くわしたので、カメラカメラと騒いだけど
すぐにどっかへ行っちゃった

キャンプ場でも、たまに見かける鹿。
普段はこういう山に潜んでいて、たまに下山してくるんだねぇ 

10:23


てか
全然楽じゃないんですけど この山

晴雄さんが貸してくれた
ストックを頼りに
エイコラ登る


yoyoの格好が変なのは
ザックの上からレインウエアを羽織っているため
ザックカバー持ってないもんで





R子は余裕のピースに見えるけど
尾瀬のときから靴が合わなくなったそうで
普通に歩くだけでも当たるところがあって痛がっていた。
富士山のときは平気だったのにね




途中強風が吹いて、歩くのにやっとだったり
段々雨も普通に降ってきたり
これは何かの修行かと思うぐらい

中腹あたりの山小屋で一休み
「堀山の家」950mだそうです

11:33


ここで温かいコーヒーを飲み
薪ストーブに暖まり

昼食もココで

晴雄さんがお餅を焼いてくれたm(__)m

小屋の人からも、おでんをご馳走になったり
お話をしたり楽しい時間を過ごした

まったり過ごしていて、なんか動きたくなくなってくる

だって窓から見える外の木が台風並みに激しく揺れている
嵐じゃん

もうね頂上に行くのは諦めました
景色も見られないしね
てか、危険だし

2時間ほど、ゆっくりしたのかしら
雨も止む気配は無いし
とりあえず、下山下山

無事に帰れますように

木に囲まれていると
それ程雨の影響もひどくない

不思議と下山するほど雨も弱くなっていく

地面が濡れていると滑りそうで恐いね

途中の山小屋で休憩
牛乳プリンなぞ食べてみる。
美味しかったよ

ちょっと休憩してお腹に何か入れると
ホント体が軽くなる

何か忘れ物してるんじゃないかと思うくらいザックが軽く感じるから不思議



15:28


この小屋を出る時に撮った写真が最後
無事に下山できたよ

雨は止んでたけど下界もすごい風
寒いったらありゃしない
後から知ったけど
この日はそれまでで一番の冷え込みだったらしい

こんな天候だったからか
あまり登山客もおらず
マイペースで登れたから良かったかな

いつかは頂上リベンジだ

帰りは鶴巻温泉で疲れを癒やし
焼肉を食べて帰った

せっかく一杯歩いて、カロリー消費したのにねぇ

びっくりしたのが
焼肉屋で、最後トイレに行こうとしたら
足に筋肉痛の症状が出ていた事
慌ててサポートタイツを履きにトイレに戻ったよ

まだこれから電車に乗らなきゃなんないし

今回なんだか不完全燃焼になった二回目の登山だったけど

でもやっぱり山を歩くのは楽しいかも・・・

なんでだろうね

でもやっぱり景色のイイ登山を経験してみたいわ

次に期待しよ

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

山びこ

もう11月も終わっちゃうね~
早いなぁ




昨日も、お山に行ってきたyoyo
お天気もよく最高の山日和だった

中々山日記がUP出来ないけど
頭が混合しないうちに
日程だけでも記録しとかなきゃ

8月5(水)~6日(木) 富士山
10月25日(日) 丹沢 大倉尾根
10月29日(木) 山梨 日向山
11月15日(日) 金時山
11月27日(金) 鍋割山

富士山から始まった登山
まさか自分が山登りをするとは思ってなかった
でも大好きな富士山だもん、登っておかなければ
日本人なら一度は登っておこうよ

そんな思いで富士山を達成し
低山にも数回チャレンジした今
言えることは

山って良いな~

富士登山・7 最終章

トイレに行ったりなんかして、下山を始めたのが7時半位だったかな?
よく覚えてない

下山道は登山道とは別にある。
これがまた、殺風景な砂利道をジグザグに下りて行くのだが
永遠と続くのではと思うくらい辛かった。

元々膝痛があったyoyoは、このいかにも膝に悪そうな
砂利道を調子にのって下りる事は出来なかった

慎重に慎重に下りた。
何だかコツをつかむ事が最後まで出来ず難儀した。

ストックもイマイチ上手に使えなかったし。

これで天気が良かったら景色を楽しんだり出来たのだろうけど
雨が降ったり止んだりの中
ただただ単調な道を下りなければならなかった

殆んど会話も無く・・・(笑)

膝を壊すのが恐かったyoyoは慎重になりすぎ
皆より遅れ気味

一人でゆっくり下りるから二人で先に行ってイイヨ。と提案したけど
受け入れられず(笑)
yoyoが先頭に下りる事になった

高山植物が和ましてくれます






密集していて畑みたいだった

雨の中トボトボ歩く。
次富士山に登る事があったら、違うコースにしよう。
こういう下山コースはもう嫌だとか、結構前向きな?ことを思いながら歩いていた。

ジグザグ砂利道が終わってもゴールはまだまだ。
昨日歩いた道に出て、なんだか懐かしい。

雨の中これから登る団体の人たちとすれ違う。
最初から雨だと可哀相よね。
モチベーションも変わってきそう

五合目の休憩所に何時ごろ着いたんだろう?
お昼は過ぎたと思うけど

休憩したいところだが観光客で席はイッパイ
何の為の休憩所なんだか・・・

軒先でびしょ濡れのレインウエアを脱ぎホット一息

やりました
とりあえず、山頂まで行って無事帰って来れました

やったぜ

晴雄さんは二人がやり切るとは思っていなかったかも(笑)

五合目でゆっくりすることもなく、まず温泉に行って
さっぱりしてから帰途に。

また晴雄さんの運転で横浜まで送ってもらう。
富士登山のあと、自分で運転って相当辛そうだけど・・・

そう思ったyoyoはR子が寝てしまったので
自分は寝ることが出来ず、晴雄さんとずっとお話していた。

名ガイド晴雄さんには感謝感謝です
晴雄さんが随所で撮影してくれたので
この富士登山日記も出来上がった訳で・・・

yoyo、カメラなんて持って行く気はゼロだったもんね
本当にお世話になり、ありがとうございました

ツアーだったらペースについて行くのがやっとで
高山病とか発症してたかもしれないもんね。

高山病にはならなかったけど
何が辛かったって、寝ずに起きていた事かなぁ
もうオールナイトで遊べる歳でもないのに
寝ずに登山ですよ。

家に帰ったときは結構フラフラ~
行きも帰りも、あっきーに送り迎えしてもらったので
感謝ですが

次の日から仕事で公私とも忙しく
口唇ヘルペスなんかも発症してしまい、大分疲れを引きずった感はあったけど

やっぱりこの達成感つーのかな
やり遂げた感はやった人にしか味わえない。当たり前だけど

また登りたいかと聞かれ登りたいけど下りたくはない。と言った人がいたけれど
ホント同感って感じ(笑)

でもホントまた登りたいなぁ。
ご来光リベンジしなくちゃ

それに、登山と言うものにちょっと興味が出て来た。
今度はもうちょっと楽な山に登りたい

ちょっと人生の経験値が上がったような気がしてるyoyoだけど
気がつけばもう9月。

富士山以外のネタがまったくUP出来ていないじゃないの

まぁyoyoの夏は富士山に始まり富士山に終わったのでした
チャンチャン


★富士登山・6
★富士登山・5
★富士登山・4
★富士登山・3
★富士登山・2
★富士登山・1
★登頂報告
★富士登山前日







テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

富士登山・6 登頂

頂上の手前でウルっときたyoyoも
実際に着いた時は案外普通でした(笑)

とりあえずR子を見つけ出し、ハグをした

たぶん、ご来光予定時間ぴったし位に着いたんだと思うんだけど
雨のためご来光を拝む事は出来ず、朝になってしまった

残念~
ご来光を見ながら涙したかったのに。
万歳三唱したかったのに。

人込みでごった返してたので
空いている奥のほうで休憩したけど
風が強くて寒いので
山小屋へ避難。

何とか隙間を見つけ座る。
豚汁を注文して温まる。
800円也

天気も天気だし、周りの人もなんかどんよりと休んでいる(笑)
眠いし疲れたし。ってとこか

お腹が空いていたので昨日道中食べなくて、ザックに入っていた
ランチパックを皆で分けて食べた。
400円で缶ココアも買った。
500mlの水は500円。


山小屋に絵葉書を託し、まだ山頂での記念写真を撮っていなかったので
山頂と書いてある山小屋の看板の前でパチリ。



AM 7:09


雨で霧も出ていて景色も楽しめないし、気力も無かったので
お鉢めぐりは諦めた。

下山の方がずーっと辛いって言うじゃない?
余力は残しておかないと

つづきます・・・

★富士登山・5
★富士登山・4
★富士登山・3
★富士登山・2
★富士登山・1
★登頂報告
★富士登山前日

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yoyo

  • Author:yoyo
  • ボス♂2002・03・03生まれ
    ティン♀2003・06・22生まれ

    ボストンテリア
    ボス&ティンのドタバタ劇を
    横浜からお送りします♪

    キャンプ日記が
    多いかも(^_^;)
My HP


カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のトラックバック
ボストンテリアリング

[前へ]

[次へ]

[ランダム]

[次の5サイト]

[サイトリスト]

[参加する]

Dog@Room  by じんべ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。